CADPACFUSIONプロテクトVIEWERCREATORCIVILAUTOCADマイクロキャダム 変換体験版

■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら

CADPACの使い方>>製品紹介その2:CADPAC-FUSION(キャドパックフュージョン)

製品紹介その2:CADPAC-FUSION(キャドパックフュージョン)

株式会社東京デザインクリエイションの基礎であるデザインオートメーションが、製造販売していたCADです。
CADPAC-CREATOR(クリエイター)が販売される前までは、CADPACでは、これが主力製品でした。
年代によって色々バージョンがありますが、下記にまとめます。

年号CADPACの軌跡
2000年以前CADPAC-WINやCADFORCE
2000年以前FUSION Ver1
2000FUSION2 Ver2
2001FUSION2001 Ver3
2002FUSION2002 Ver.4
2003FUSION2003 Ver.5
2004FUSION2004 Ver.6
2005年以降CADPAC CREATOR Ver.7

FUSIONシリーズは、2000年?2004年まで主力だったバージョンですね^^
しかし、今もなお、このシリーズを使用している人は多いです。

CADPAC-FUSIONの特徴を下記に示します。

CADPAC-FUSION(キャドパックフュージョンの特徴)

このシリーズは、2次元と3次元に対応したバージョンと、2次元CAD単体の製品に区分されます。
日本では国産のCADとして20年の実績を誇り、ユーザー満足度No1を獲得した事もあり、
初心者にも使い易いことが特徴です。

データの互換性が従来のFORECEシリーズのものよりも格段に進歩していて、
変換がしやすくなっているのも特徴です。

DXFファイルやDWGファイルといったAUTOCAD(オートキャド)の特有の拡張子に対応しているだけでなく、
JWCAD(ジェイダブリューキャド)やMicroCADAM(マイクロキャダム)など、
他のキャド製品にも対応しています。
3次元キャドの方は、IGESやDESIGNBASE、STLなどのデータと変換が可能です。

CADPAC製品は、土木設計分野や機械設計分野に強いのですが、
それらのオプションメニューが豊富に備わっています。

機械設計分野では、機械オプションやJIS機械パーツ、金型設計、電気製図などの
関連メニューをオプションとして付ける事が出来、
土木設計分野では、クロソイド曲線や三次曲線作図のための幾何線形メニューや、
作図部品として、柱状図作成メニュー、よう壁作図、土留め作図、H鋼作図メニューなど、
豊富なメニューが揃っています。

さらには、CADデータを入力データとして、NCプログラムへ送るコンピューター支援製造のCAMに優れ、
FEM解析や構造解析などの解析データとしても使う事ができます。

以上の通り、CADシステムの近代化に大きく貢献したのが、
CADPAC-FUSIONシリーズでしょう。
これらは最新のCREATORにも引き継がれています。

操作性として、CREATORと大差はありません。
今でも十分図面作成に使えますよ(^^

>>CADPACの使い方のホームに戻る
>>製品紹介その2:CADPAC-FUSION(キャドパックフュージョン)のTOPへ



■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら