CADPACFUSIONプロテクトVIEWERCREATORCIVILAUTOCADマイクロキャダム 変換体験版

■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら

CADPACの使い方>>CADPACのプロテクトについて

CADPACのプロテクトについて

CADPACやCADCITYなど、デザインクリエーションの製品のCADには「プロテクト」と言うモノが付いています。
プロテクトと言うと、何かを防御するような言い方ですが、それも、そのはず。

CADPACの販売元のデザインクリエイション(製造元はデザインオートメーション)が、
CADPACの違法コピーを防ぐために作られたものが、「プロテクト」です。

プロテクトは、CADPAC製品をインストールしたパソコン1個1個ごとに、付けられるものです。
このプロテクトがないとCADPAC・CADCITY製品は、プログラムが起動しません。

例えPCにパソコンにプログラムをインストールしてもプロテクトが無いと起動しない訳ですから、
1ユーザー1プロテクトのような感じになっています。

ただし、持ち運びが可能です(^^;
例えば、会社で作業した後、自宅でも作業したい時には、
自宅のPCにCADPACがインストールされていれば、プロテクトだけを持ち帰って作業する事も可能です。
(ただし、これが公に認められている方法かどうかは分かりませんので使用は自己責任で)

私も、よく図面データファイルをMO等に保存して家に持ち帰り、自宅で図面作成をしたりしました(^^;
ただし、このような事をする場合は、自宅のPCにプログラムをインストールする時に
ソフトのシリアル番号等が一緒に必要になるので、注意が必要ですね。

キャドパックのプロテクトについて

このプロテクトは、かなり高価なもので、もし壊れた場合、有償交換という事になるそうです。
価格は数十万程度かかると聞いたことがあります。
このCADPACのプロテクトの破損・紛失等による交換再発行は、
お近くのCADPACの販売営業所に問い合わせてみるのが良いでしょう。
これについては下記よりどうぞ。

>>CADPACプロテクトの交換

大事なプロテクトですから、紛失等ないように、大事に扱って下さいね(^^;

>>CADPACの使い方のホームに戻る
>>CADPACのプロテクトについてのTOPへ



■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら