CADPACFUSIONプロテクトVIEWERCREATORCIVILAUTOCADマイクロキャダム 変換体験版

■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら

CADPACの使い方>>レイヤー管理はキャドオペレーターの腕の見せ所!

CADPACには、レイヤーというものがあります。
このレイヤーというのは、私も最初、その概念が理解し難いものでしたが、
少し考えると、これほど便利な機能はありません。

レイヤーについて、下記に説明します。

レイヤーとは、言わば、図面の一部を取りだせる機能で、
例えば・・・

  • 1B1L・・・構造物の外枠一般図
  • 1B2L・・・地形図
  • 1B3L・・・鉄道の軌道の現在線
  • 1B4L・・・鉄道の軌道の計画線
  • 1B5L・・・鉄道の軌道の仮線
  • 1B6L・・・主鉄筋
  • 1B7L・・・配力筋
  • 1B8L・・・スターラップ・帯筋
  • ・・・
  • 1B16L・・・図面外枠線

・・・というような感じで、レイヤー区分をしたりします。
それぞれのレイヤーを、表示・非表示・画面操作時選択不可の3パターンで、切替えが出来ます。

この切替機能で、例えば、地形だけを見直したい場合は、そのレイヤーだけを表示状態にする・・・
というような感じで、作業が出来るわけです。

いわば、レイヤーは、図面の透かし機能と言って良いかもしれません。

CADPACにおいては、16個のレイヤーが標準で備わっています。
(設定次第で、それ以上も可能)

なので、この機能を、上手く活かせば、キレイな取り扱いやすいデータになると言うことです。

こうしたレイヤーの区分は、はっきり言いまして、
CADオペレーターさんの腕の見せ所・・・と言っても良いでしょう^^

施主にデータを渡す時、よく言われるのが、図面のデータをきっちり、
製図基準(土木製図基準など)に合わせて・・・って事です。

施主側も、データを色々触って修正作業などもしますから、
分かり易いデータとして、図面を仕上げたいものですね。

>>CADPACの使い方のホームに戻る
>>レイヤー管理はキャドオペレーターの腕の見せ所!のTOPへ



■セカンドCADのとして、AutoCAD、JwCADを学んでみませんか?

「CAD利用技術者試験1級」資格にも対応したAutoCAD、JwCAD講座もあります。


>>AutoCAD,JwCAD講座の無料資料請求はこちら